●達人TOP●まちを元気にする達人への思い●達人一覧表●達人エントリー●達人のStaff●達人の輪

<<< まちを元気にする達人たちFILE002 ふじさわ ひでこ >>>
りさいくるの達人/ふじさわひでこ
りさいくるの達人/ふじさわひでこ

北区田端の富士見橋エコー広場館は、リサイクル活動を積極的に進め、シンプルな生活文化を目指すことを目的に設立された、リサイクルの総合コミュニティセンター。その館内にあるリサイクル工房「くらしの博物館」に、りさいくる手芸の達人、ふじさわ ひでこさんを訪れた。
■てまり教室の家元からたばこ屋まで、全ての経験が今につながっている 作品
リサイクル工房の主任として活動するふじさわさん。年齢を感じさせないきびきびとした身のこなしや、生き生きとした表情に思わず見とれてしまう。ご本人の“人生歴”からくる充実感が、そんなふじさわさんらしさの理由に違いない! と思えるほど、毎日を楽しんで走りつづけています。

○ふじさわ さんと「作品」を動画で見る

ガムテープの芯から作られたこけし(2186kb)/ 
牛乳パックから作られた俵ころがし
(840kb)
※ 画像が表示されるまで15秒程かかります
動画をご覧になるには、メディアプレーヤーが必要です。できれば、メディアプレーヤーは最新バージョン(9)をインストールしてください。お持ちで無い方はこちら(↓)からダウンロードできます。(無料)
Get Windows Media Player

“藤澤流東京てまり”の家元でありながら、同時に北区の和紙細工の教室を開催していたふじさわさん。「リサイクル」との出会いはご主人の定年退職と同時に始めたたばこ屋の仕事だった。たばこ屋という背景から生まれたアイディア“たばこペーパークラフト”で、無駄をせず画期的に何かを作り出すという喜びを知ったと言う。「本来はゴミ箱行きのたばこの空き箱。注意深く見れば銘柄だっていろいろだし、これで何かを作ったら面白いに違いない! と思いました。たとえばHi Lightというタバコはパッケージが青くて、ロゴが波の模様に見えるでしょ? それを生かして“佐渡おけさ”を作ったり。いろいろと想像力を働かせて何かを作るということが楽しくて仕方ないのです。」と語るふじさわさんは、いつも、何を見ても「どうすれば楽しいことができるか?」を考えているそう。「リサイクル」に、彼女は純粋に生活を楽しむ「アイディア」を組みあわせ、それを「もの作りを通して表現しているだけ」と言う。表情の輝きは、そんな充実した生活あってこそ。


■りさいくる手芸は、生活に欠かせないもの
りさいくる手芸は、北区のリサイクル工房のお手伝いをするようになってから始めた。それから10年間、休むこともなく作り続けてきた。「りさいくる手芸といっても、何も特別なことはないのよ。今までやってきた和紙細工なんかの応用って感じかしらね」と、もはやりさいくる手芸は生活の一部と語る。作るものは紙にとどまらない。ペットボトルのふたやコーヒーの空き缶、ガムテープの芯まで、何でも捨てるものはない! といった勢いで、ふじさわさんのアイディアによって、あらゆるものが息を吹き返す。

単純にもの作りを楽しんでいるかのように見えるふじさわさんだが、お弁当を食べる時間も惜しんでリサイクルのアイディアを考える姿からは、もの作りに対する熱意を感じる。様々なTV番組でも紹介された100種類を超える作品を見ても、やはり達人になるべくしてなったんだと、自然に納得できてしまう。
作品
「お金をかけずに自分のアイディアを形にできる。こんな楽しいことは他にないと思う。もの作り万歳ね。そんなことをここから発信できたらと思ってます」今までの経験があるからこそ、次から次へと湧き出てくるアイディアたち。そこから、また新たな作品が生まれていく。

■もの作りは誰にでもできる、人生を楽しむ術!
○ふじさわさんの講習風景を動画でみる → こちらから

  
※ 画像が表示されるまで15秒程かかります。 
    またこの映像はメディアプレーヤーが無いと見らません。
    メディアプレーヤーは ココ からダウンロードできます。


博物館におじゃました日は、夏休みも終盤のある日の午後。エコエコツアーで遊びにきた家族や子どもたちに意気揚揚と講義をする姿は、学校の先生顔負けのテキパキぶり。話もお上手だ。講義内容は、簡単に作れる着せ替え人形から、大人も頭を悩ませてしまう手作り牛乳パックコースターまでバラエティ豊か。もの作りには、子どもが夢中になれる単純さと、大人でも頭を使わなければならない難しさが同時にあって、とても奥が深いと改めて感心した。もの作りの工程がライフスタイルとリンクし、ふじさわさんの感性を刺激する。生まれたアイディアのかけらが、彼女を輝かせているひとつの理由かもしれないと思い、人生を楽しむ術を、教わった気がした。
取材・文 佐藤有香
教室風景

 
ふじさわ・ひでこ(83歳)

とても83歳とは思えないほどお元気なふじさわさんは、富士見橋エコー広場館のリサイクル達人。そのユニフォームというお手製の“作務衣(サムエ)”がとてもお似合いで爽やかな印象。
NPO法人
北区リサイクラー活動機構
富士見橋エコー広場館


http://www12.ocn.ne.jp/~recycler/

○〒114−0014 東京都北区田端5-16-1
○TEL:03-3824-3196/FAX:03-3821-2468
○午前10時〜午後4時開館/毎週水曜日・祝日休み
ふじさわひでこ