●達人TOP●まちを元気にする達人への思い●達人一覧表●達人エントリー●達人のStaff●達人の輪

<<< まちを元気にする達人たちFILE063 坪根景保>>>
 
彫金の達人/坪根景保  

 

墨田川を越えると足立区。神谷の水上バス乗り場の近くに住む戦後東京の生き字引、伝統工芸師、坪根景保さんを訪ねた。


■長野に生まれて
昭和25年2月25日、長野県飯山市に生まれる。本名、坪根保。彫金師としては、景保の名を使う。職人の世界、特に金工の職人は、師匠から受け継ぐのは、技ばかりではない。師匠の名前の一字を受け継ぎ、技と名前をつなげて行くという。「私の師匠の名前は、塩本華景。景の字をもらいました。」


■師事
師匠に師事したのは、昭和22年頃。東京から疎開し、終戦後も東京に戻らずにいた師匠を担任の先生に紹介され、見学に行ったことから始まる。「今で言うと水泳やピアノのように、習い事として教わりに行っていました。」
昭和25年、師匠が東京に戻る際に、一緒に上京、正式に弟子入りしたと言う。
「上京するその日、床屋で散髪していて、ラジオで朝鮮戦争勃発のニュースを聞きました。
それに東京はまだ焼け野原だと言うし、こんな時に東京に行くなんて馬鹿だと言われましたよ。」と笑う。
浅草でも目抜き通りを外れると、焼け土が堆く積み上げられていたという。そんな東京にきて、住み込みで10年修行。結婚と同時に独立する。


■修行期間
「彫金の世界は3年やれば一人前になれるかわかる。だいたい10年の修行で独立と決まっていた」らしい。景保さんより前の世代は、10歳そこそこで弟子入りし、20歳には独立するものだったという。


■彫金とは?
ゴールドの金だけではなく、金属を彫る技術を彫金という。実演してもらった肉だしという技法は、「彫る」ではなく、「叩いて延ばす、寄せる」だった。鏨(たがね)という、これも金属製の棒を金属に当て槌で叩いて行く。

肉だしの実演
【肉だしの実演】

作品を見てもらえば、気の遠くなるような時間が必要なのが分かってもらえると思う。一枚の金属板を叩いて作るのである。

肉だしの作品 ベルトのバックルにしたもの
【肉だしの作品】 【ベルトのバックルにしたもの】
(上の作品、裏から叩いて盛り上がらせてはいない。
裏から叩くのは下手の仕事だという。)

大まかに分けて5つの技法がある。
・ 肉だし
・ 片切り
・ 象嵌
・ 毛彫り
【毛彫りの作品】
・ すかし彫り
【すかし彫りの作品】


■時間のかかる仕事
先ほどの話の中の鏨。これも一つの作品を作るのに、その作品のためだけに何十本も作らなければならない。それも一本一本、刀鍛冶のような作業で。


■後継者は…
現在お弟子さんはいない。伝統工芸全般、後継者の育成が難しいという。いくつかの理由を聞いた。
写真で紹介した肉だしの作品などは、完成までに1ヶ月以上かかる。ベルトのバックルは、いかほどか?なんと30万円なり。なかなか買い手がつくものではない。国会議員の方が買ったきり売れてないそうだ。
買い手の見る目がなくなってもいる。真贋が見分けられない。彫金ではなく、板金細工が氾濫している。以前、金の相場が高かった頃、作品の重量を聞かれたことがあるそうだ。本物を欲しがる人がいない。
修行に時間がかかる。3年修行を積んで見込みがなかった者は、その3年が無駄になってしまう。
昔は技術も財産だった。それゆえに親族か、弟子の中で一番優れた者が婿養子に入り、伝承してきたという。
「この道で生計を立てようとするのは、これからますます難しくなる。教えて欲しいと言われても、趣味でやるなら教えるが、そうでないなら断ってます。技術は伝えて行きたいが…」
なんとか伝え続けていけないものか。景保さんはもうすぐ72歳になる。笑い皺が印象的だった。取材に伺った日、春一番が吹いた。
 

取材・文 三島 浩


 

坪根 景保(つぼね・かげやす)

○〒115-0043 東京都北区神谷1-5-28
○TEL:03-3900-3206