●達人TOP●まちを元気にする達人への思い●達人一覧表●達人エントリー●達人のStaff●達人の輪

<<< まちを元気にする達人たちFILE076 川添 晴通>>
  東京無地染めの達人/川添晴通 東京無地染めの達人/川添晴通  

 

反物
【色とりどりの作品】
東京都の伝統工芸品として指定されている《東京無地染》。着物を仕立てる際につかう絹の無地の反物を、お客様の指定の色に染め上げる染めの達人、川添さんに会いに、私は田端にある末広屋・(有)末広染工へ向かった。

作業


■勘と自信とプライド
 大正14年生まれの川添さんは、父親の後を継ぎ、二代目。15才から仕事場に入り、父の技を習得していった。「習得」とすると言っても、親切丁寧に事細かな技の手解きがあったわけではない。勘が勝負の職人技を、必死に盗んでいったのだった。
 お客さまから反物を預かる。「こんな色に染めて欲しい」と言われる要望は、具体的な色の指定の場合もあれば、抽象的表現で色を指定されることもある。希望通りの色に染め上げるためのマニュアルや、染料配合の決まった数値があるわけではない。経験や研究から生まれた、彼自身の‘勘’で仕事をする。見本になる多種の色の載った資料片手に、それと照らし合わせて染めてゆくのだ。そんなイチカバチカみたいな仕事はビビってしまわないのだろうか、と私は思ってしまう。まして、お客様から委託された、とても大切な絹の反物。「すみませんでした。貴方のご希望通りの色に染められませんでした。本当にごめんなさい」で、済むはずがないのだから、100%の成功が当然でなければ成り立たない。川添さんは自信を持ってこうおっしゃった。「私はこれまでこの仕事に就いてから、一度も失敗をしたことがありません。お客様に謝罪で頭を下げたことが無いんです。120%の成功をして、お客様に染め上げた反物をお手元にお渡ししてきました」・・・唸る私がいた。カッコイイ!もう、言ってしまうと「すげ〜っ!!」とゆう感じである。「この仕事は、人様のものを委託加工する仕事なので、確かに気はつかいます。だからといって、恐る恐る仕事をしていたのではかえって変な仕事になる。だから、自分の経験と勘で、自信を持って染めるんです。自信と・・・プライドかな。それは私に限らず、他の職人でも同じなんじゃないですかね」と話して下さった。達人が達人と言われるわけは、このあたりの言葉に存在しているのではないだろうか・・・・。

■「全工程、どこをとっても難しいです」
 初端から私は川添さんの言葉に感銘を受けてしまい、『これはイカン!平常心をもって取材を続けなければ!』と己に言い聞かせ、作業場に案内していただき、実際に染めているところを見せてもらった。作業場は一見、学校の給食室みたいだった。大きな鍋みたいなものから湯気が立っていたり、流しの様な所があったり、調味料が入っているかの様に見える科学染料の入った壺が並んでいたり・・・。でも、給食のおばさん達はいなかった。寡黙に仕事をしていらっしゃる職人さん達が迎えて下さった。「よく言われるんですよ、給食室みたいだねって。お宅では何のお料理作ってらっしゃるんですか?って冗談で聞かれるんですよ」と川添さん。


作業場1 科学染料の壷
【給食室?作業場です!】 【科学染料の入った壷】
作業場3
【寡黙な職人さんたちの背中・・匠の心が伝わってきます】

ここで、東京無地染めの作業工程を簡単に紹介したい。

(1)【検品】 預かった反物の白生地は、精練時に生じるズレ、オレ、織られた時のキズ等生地難を点検し、以後の染色加工に対処する。

(2)【地入れ】 高温の湯槽で不純物(表面に付いているニカワ等)を除去し、染色を容易にする為の処理。生地の表面を滑らかにし、染め斑(むら)が出ないようにする為の重要な前工程。この後、念入りに水洗い。

(3)【染色】 染料「水または熱湯で撹拌」、助剤「緩染・均一」、温度、時間等を配慮しつつ、指定の色に染め付ける。(ここが「勘」の生きる工程だ。未熟な人だと数時間、達人の川添さんは平均40〜50分で一反を染めるとゆう)

(4)【色合わせ】 お客様から依頼される色はまさに千差万別。職人の勘と技がここに発揮される緊張の一瞬。色を構成している明度、彩度、色相の染液を創作し、見本と同じ色に染め上げる。

(5)【水洗い】 染め上がった生地は、絹特有の光沢、絹鳴り、手触りを付与するため(要するに、絹特有の魅力を引き出す)、十分な清水にて染色時の不純物を除去し、続いて緊牢度向上のための後処理をする。

(6)【乾燥】 脱水した生地は、竿かけ、又は張干しにして自然乾燥する。
   この乾燥室にも入らせて頂いた。室温が高く設定されているので、ここで働く人達は半袖。「冬に働くには最高ですよ〜」と作業されている方々はおしゃっていた。その時調度、何反かの反物が伸ばして干されていたが、色とりどりの生地が並んでいて、それらはとても美しく、『これが着物になるんだなあ・・』とあらためて思った。
反物乾燥中 乾燥室
【色とりどりの反物・乾燥中】 【冬の乾燥室は最高!】

(7)【整理・検品】 製品に応じて柔軟、糊付け等を行い、湯のし機かけ(クリーニング屋さんでゆうところの、スチームプレスの様なもの)、巾を整えて最終検品をする。



どの工程が一番苦労なさるところなんですか?の問いに、「全部です」と答えられた。全工程所要時間は、達人で約4時間くらいだそうだ。染色の時は特にそうだが、時間がかかればかかる程、「生地がいたむ」。より良い状態で完成品をお客様にお渡しするためには、無駄のない作業が大切。「一番早くご希望の色に染められる職人の仕事が、一番美しい反物をお客様にお返し出来るんです」とおっしゃる川添さんの言葉にも、彼の自信が表れていると感じた。「模様染と違うところとして、無地染は、一反全体をムラなく染めるところ。これはごまかしがきかないし、面積が広くなればなる程、本当に細心の注意を払います」。その言葉を伺い、乾燥室で伸ばして干してある反物を見せて頂いた時、意地の悪い私は、ムラがないか心の中でチェックした・・・、が、やっぱり無い。ムラなんて、無い。ただただ美しく、一反が見事に一色に染まっていた。私のチェックが「ムダ」だった。


■ご趣味を伺ったところ・・・
「趣味ですか?この仕事です」と即答だった。川添さんは、戦時中兵隊として、満州へ行ったり、またシベリア抑留の経験もしていらっしゃる。「引き揚げて、家に帰ってきたら、家も工場も丸焼けでした。食べていくためには、とにかく必死で仕事をするしかなっかた。親も姉弟も食べさせていかなくてはならない様な状態だったんです」。二人のお兄さんが早くに亡くなっておられたので、川添さんが事実上の長男だった。川添さんの腕に家族の命がかかっていた。「いい仕事が出来るようになれば、仕事も多く入ってくる。いい加減な仕事を、ただ多くやっていたのでは、だんだんとお客さんに仕事を任せて頂けなる。だから、いい仕事を素早くやれるようになる為、必死の努力をしたし、現在でもより良い仕事が出来るように研究しています。だから言ってしまえば、遊んでいる精神的余裕も無かったんですね。そして、今でもこの仕事に熱中しています」とおっしゃった。


■民族衣である着物を無くしたくない
今回の取材でいろいろお話させて頂いたなか、川添さんが何度もおっしゃった言葉がある。「我々日本人の民族衣装は着物です。洋服の方が動きやすいからと、現在はほとんどの日本人が着物を着なくなってしまった。でも、はたして、本当に着物が動きづらいものかとゆうと、私はそうは思わない。帯を締めればシャンとするし、昔は着物でもお母さん達は普通にお勝手だってしていた。動きにくいなんてゆうのは、人間の横着な言葉だと思いますよ。日本人に一番似合うのは着物。その着物をどんどん着て欲しいし、廃れさせてはならないと思います。それは、この仕事をやっていく上での、私の使命感でもあります」


 川添さんは約90分のインタビューの間、本当に熱く、この東京無地染に関するお話を語って下さった。私もそれに興味を持ち、惹き込まれ、どんどん質問をした。一心に仕事に徹してきた人の力強さ、みたいなものは、言葉からだけではなく、表情や所作からも溢れ出る。その事を私はあらためて知った様な気がする。私は川添さんに会って、楽しい時間と共に、大切な心の栄養も頂いたと感じている。感謝の気持ちでいっぱいだ。この場をかりて「ありがとうございました。着物について、私なりに今後考えていきます」

川添さん 反物
【作品には川添さんの熱い思いが込められている・・】
 

取材・文 宮本 亜紀


 
川添晴通(かわぞえ・はるみち)

○大正14年6月1日生まれ
○末広屋・有限会社 末広染工 
○東京都北区田端3−20−2